スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空の色

老健施設で、昨日の色カルタクオリアゲーム

「空の色はどんな色?」に対し
佐渡で生まれたAさん、毎日暗くって晴れ間が無くてこんな色だわ 
と切々とお話しされます。
Aさんは、いつも話が佐渡に繋がっていきます。
きっと、Aさんの原風景は佐渡の景色なのでしょう。

空~佐渡


それに対し、昨日初めて参加されそれまであまり積極的でなかったBさんが突然
空の色はもっと明るくきれいな色よ と
明るい綺麗な青い空の色を取ります。

空~群馬


リーダー:Bさん、それはどこの空ですか?

Bさん:私の生まれた群馬の空です。綺麗に澄んでいましたよ。と嬉しそう。

リーダー:群馬なのですね。お生まれは群馬のどちらですか?

と伺ったとたん、表情が曇り…町の名前が出てきません。
私も詳しくなく、高崎・前橋・館林・水上 などと知っている名前を列挙すると、
私の育った街は田舎ではない。
利根川のすぐ北の街で…

その後も少し群馬に関係するような話をしていると
晴れ晴れとした表情で「群馬県新田郡○○町です!」と。
あそこの空はこんな色です。と嬉しそうにカードを持っていました。
あ~、思い出すことができたのですね。
良かった良かった。

他者のとった色に対して、思い出す大切な色があるのですね。
次に機会があれば、青空の元どんな遊びをしていたのか少しずつ聞いてみたいものです。

福岡セミナー

福岡での色カルタセミナーが終わりました。
午前の基礎講座に続き、午後はリーダー講座実施。

去年の5月に2時間半の基礎講座でお会いした以来の人も
みなさん昔からのお知り合いのようで
大変和やかに、そして、熱心に、
あっという間の6時間でした。

ご自分自身への気づきがあった方もいらっしゃるでしょう。
そして、
「私がこの一枚の色を取っただけなのに
私の話をこんなに一生懸命聞いてもらって…嬉しい~!」
の発言あり。
この一言が物語っている色カルタです。

写真は午後のリーダー講座を受講いただいた方です。
皆さん、晴れやかな良い表情していらっしゃいますね。

福岡リーダー


奨励賞

昨年の話ですが…
全国老人保健施設協会の金沢大会にて発表しました内容について
この度奨励賞をいただきました。

東京北医療センター老健さくらの杜様に、一カラリストとしての
所属をお願いし発表した内容です。

色カルタ・クオリアゲーム®を実践し、老健の提唱しているR4の
数値変化を予想して通ったのですが、
実際には思った数値は全く出ず。

焦りました。
発表直前までPPTが出来ずに悩みに悩んだ発表でした。

数値予測は見事に外れましたが、その時に色カルタで語って頂いたお話しは
私の「人生の宝物」になりました。

宝物をもらっただけでなく、
おまけにこのような奨励賞をいただいて…嬉しいです。
婆ちゃん達の人生史が取らせてくれたようなものです。
ありがとうございました。

さて、全老健会長の奨励賞をいただいたからという訳ではありませんが…
全老健では、
10月8日に、財務省は「介護報酬の6%カット」の方針を打ち出したことに対し、
「介護従事者の生活と人生を守り、利用者へのサービスの質を確保するための署名」を
お願いしているそうです。 

介護者の確保は私達の将来にもかかわりが有ります。
全老健HPのトップに署名方法が載っています。
ご賛同いただけましたら、署名是非お願いします。

奨励賞




全国老人保健施設協会

作業療法

昨日、自宅に帰ると
作業療法士のI氏からの郵便が届いていました。

拙書を出版する前年2009年にお会いしました。
以来、色カルタ・クオリアゲームカルタ®の実践、研究を重ねて下さり、
この度、学術書「作業療法」2014年10月発行 に論文掲載され、
その抜刷を送ってくれました。

きっと、たくさんの作業療法士の方の眼に留まることと思います。

介護や福祉の現場で色カルタを楽しんでいただくことも嬉しいし、
このような立派な論文として、たくさんの作業療法士の皆様に
お伝えいただくことも大変嬉しいことです。

色カルタ・クオリアゲームカルタの目的は
たくさんの爺ちゃん婆ちゃんのお話しを沢山聴かせてもらう事。
と、実は、世代に関わらず子供から大人まで楽しめるツールです。

広めていくモチベーションも高まります。
Iさん、ありがとうございました。

OT2

首都大学東京

先週、首都大学東京 人間健康科学研究科
作業療法科学系 から
「認知症のケアについての知識提供」ご依頼いただき
色カルタ・クオリアゲームの授業をしてまいりました。

昨年に続きのご依頼で、今年は院生3名も聴講しています。
そして、学生らしい発想の中での楽しい授業が展開できました。

普段、このゲームは回想法ですね とよく言われますが
いつも似て非なるもの とお答えしている中、
一人の学生が授業終了後に
「これは回想法とは言い切れないと思います。
自分達のグループでは先ほど~10年後の自分はどんな色~
 と云う事で盛り上がりました」
有難う! W君 その通りです。

認知症の方に10年後は伺えませんが、過去の事だけではなく
「今やりたいことの色」とか「生きがいの色」は聴くことがあります。
それが色の効果、クオリアの効果です。

学生の感想を待っています。楽しみです。

2014首都大学
プロフィール

色iro

Author:色iro
FC2ブログへようこそ!

パーソナルカラリスト
パーソナルカラー研究所スタジオHOW
http://www.studiohow.co.jp/
日本パーソナルカラー協会理事
http://www.p-color.jp/
認定心理士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。