スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つつじとトマト

前回に続き、頂いたお話し その②です。
このお話しは、色カルタではありませんが、私達の周りにある「色」のクオリアのお話しです。
この投稿された方の、暖かい利用者にたいする思いと、色への気づきが感じられます。

「色カルタクオリアゲーム」はあくまでも一つの「ツール」です。
私達が「彩色ケア」と銘打ったそのマインドを感じさせてくれるお話しです。
素晴らしい介護をされていらっしゃるのですね。大変嬉しいです。
Mr.Xありがとうございました。信頼感があるからこそのお話しです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

周囲の方との関係で、気分的にお食事が進まないご利用者がおり、
余りにも摂取量が少なくなってしまったので、
どうしたら召し上がっていただけるのか試行錯誤していたところ、
私と二人きりなら食べられるとの希望があり、事務所で二人昼食を楽しんでいた時の事です。

ご自身の過去の話しに現在関わっているスタッフなどが入り交ざった会話を何度も繰り返し話し、
会話に夢中になり箸を置いてしまいました。

結局、食事は進まなくなるかと思ったその時、
付け合せのトマトとレタスの色を見て、子供の頃池で飼っていた鯉と、
池の周囲に咲いていたツツジの話しをしながら急にポロポロと涙を流し始めたのです。

話しの内容は、
子供の頃お世話になっていた伯父の家の池の鯉が、池に落ちたツツジの花を食べていた。
子供ながらに魚が花を食べる事が不思議で、伯父に聞いた時にツツジの蜜を吸う事を教わり、
その時の優しい伯父の思い出と、甘くて青臭いツツジの蜜の味を思い出し涙が出てきたとの事。

その後、今まで口にする事の無かったトマトに箸を伸ばし
「この匂いがツツジに似てる」と言い、召し上がりました。
普段あまり無い、マンツーマンで話しを聞いて貰えた嬉しさと、
たまたまそこにあった野菜の「色」がきっかけになり、食欲をそそったのではないかと思いました。

トマトサラダ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

色iro

Author:色iro
FC2ブログへようこそ!

パーソナルカラリスト
パーソナルカラー研究所スタジオHOW
http://www.studiohow.co.jp/
日本パーソナルカラー協会理事
http://www.p-color.jp/
認定心理士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。